4年間のパリ生活を終えて帰国、5年間の仙台生活の後、大阪で暮らすことになりました!


スポンサーサイト

--年--月--日 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やってしまった・・・腰。

2009年05月12日 

ついにやってしまいました。
うちのお相撲さんみたいな娘をバウンサーから持ち上げたときに・・・・涙
ぐきっと変な音がして、腰から太もものスジにかけて変な感触が・・・。

あれから2日経ちますが、ものすごーく痛いんですけどーがっくり
特にベビーベッドから娘を持ち上げたり下ろしたりするときが地獄です絵文字名を入力してください
産後リフォーム用のサポーターが、腰もサポートしてくれて楽なので、
毎日それをして耐えています。
動けないほどのぎっくり腰にはならなくてラッキーと思うべきかしら。
早く治ってほしーい。

そういえば、数週間前から抜け毛がいっきに始まりました。
前にきっと薄毛ちゃんになるだろうと書きましたが、予想的中っす。
髪を洗ったときに抜ける髪の量が半端じゃありません。
ほんとにすごいのですよー。
まるでホラー映画みたい。
落ちてる抜け毛も気になるし、こちらも早く終わってほしいなー。

3ヶ月検診・4ヶ月検診:小児科にて

2009年05月06日 

気づけば3ヶ月検診についての記事を書いていませんでしたが、
一昨日は娘の4ヶ月検診に行ってきました。

首はほぼすわり、私達の笑顔に答えて笑ってくれるようになりました。
目の前のものに手を伸ばして掴めるようになったし、
音楽に反応しておしゃべりしたりもします。
あっという間にいろんなことができるようになるので、毎日が楽し~いキラキラ
(でも泣いているときは別~。)

さて、いつものように身長・体重測定。
身長
55cm(2ヶ月)→58cm(3ヶ月)→61cm(4ヶ月)
体重
4810g(2ヶ月)→5700g(3ヶ月)→6230g(4ヶ月)
体重は平均、身長は低め・・・おでぶちゃんですな。
この前二重顎の奥底にほこりと髪の毛が挟まっていて、
びっくりしたくらいですからね・・・kao06

そして、おしりに豪快にぶすっと射される予防接種。
3ヶ月 Infanrix hexa/5種混合
4ヶ月 Infanris tetra/4種混合(5種混合からB型肝炎が抜けたもの)、Prevenar/肺炎球菌


ずっと気になっていた左目の目ヤニは、4ヶ月経った今でもまだあります。
量は少なくなっているけど。
マッサージを続けて、目薬をさすように言われました。
涙腺を貫通させる手術(?)は6ヶ月か7ヶ月くらいまで待っていいそう。
それまでに治ってくれればいいなぁ。

3ヶ月の時点で授乳回数は1日6~7回でしたが、
4ヶ月になっても授乳回数は変わらず。
昼間は4-5時間おき、夜は最初は6時間前後寝て、あとは3時間おきです。
結局夜に2回は授乳しているので、夜の授乳を減らすため、
寝る前にミルクを60-90ml足したらどうかと言われました。

完母にそこまでこだわりがあるわけではないので、
夜の授乳が1回減るならば足してもいいかなーとは思うのですが。
実はうちの子、哺乳瓶嫌いは克服したものの、未だにミルク嫌いなのですよね~。
これを実行するには、また泣き叫ばれながらミルクトレーニングしないと・・・
と考えるとあまりしたくない・・・おちこみ
でもミルクも飲めるようになっておいたら、
私が体調が悪かったり預けないといけないときに役立つかも、とも思うので、
これは今後の様子を見て決めようかな。

5ヶ月になる前にりんごのコンポートなどから離乳食を始めてもOKとのことでしたが、
これは5ヶ月に入ってから、6月に日本に帰って始めようと思います。
最初はおいしい宮城のお米でおかゆを作ろうっと♪

次回の検診は帰国直前です。
初期の予防接種はほぼ終了しているので、注射は次回はなし!やったね。

乳児湿疹

2009年03月12日 

子育てが始まってから、次から次へと小さなことがイチイチ気になるんです・・・汗とか
気になってしまうものはしょうがないので、納得するまで調べてしまいます。
最近気になるのは、ここ2,3週間ほど娘の顔に出ている乳児湿疹

気づいたのは生後1ヶ月半くらいのときでした。
最初はほっぺにポツポツと出ていたくらいで大したことはなく、
その頃にあった保健師さんの訪問のときに、
ニキビと一緒だから気にしなくていいわと言われていました。
小児科での2ヶ月検診のときには、湿疹はおでこまで広がっていたけれど、
誰にでもあるので気にしなくていい、
気になるならこれ塗って、と軟膏(Dermo.cuivre)を処方されていました。
(この軟膏ですが、湿疹に効く酸化亜鉛と、肌を清潔に保つ五水硫酸銅が入っていて、
フランスの薬局では処方箋なしで買えるもののよう)

さらに、アトピーやアレルギーは3,4ヶ月以降にわかるものなので、
今の時点では何も心配しなくていいとも言われました。

まあ、乳児湿疹が多かれ少なかれ誰にでも出るのはわかっていたんですが。
2ヶ月検診を終えたあたりから急速にブツブツが顔中に広がって、
主にほっぺ、おでこ、まぶたがブツブツでガサガサになってしまいました。。
しかもかゆいようで、自分で掻いてしまったり、
抱いたときに私の服に顔をすりすりしてしまったりして、
一時期は顔中真っ赤になってしまいました。
まぶたも腫れてしまって、かーなーり痛々しい・・・・kao06

いろいろ調べて見たところ、結局のところ、生後2,3ヶ月くらいの場合、
すぐに治る乳児湿疹か、アトピーやアレルギーによる乳児湿疹なのかを
判断するのは難しいようです。

ネットにはいろいろな情報が飛び交っていて、
乳児湿疹はかゆみがないという人もいれば、逆にかゆみを伴うという人もいるし、
清潔が一番だから石鹸で洗うといいという人もいれば、
石鹸は皮脂が取れちゃうのでぬるま湯で洗うだけでいいという人も。
まあ、赤ちゃんの性質も湿疹の症状もそれぞれに違うので、
効果のある対処法もそれぞれで、こんなことになるのでしょう。
何を信じるかは結局自分次第ってことね。

3,4ヶ月までに治ったら良性の誰にでもある乳児湿疹、
症状が長引いたり、繰り返したりしたらアトピーやアレルギーの可能性あり、
と診断されるようです。
長引いている乳児湿疹は、顔だけでなく耳や体にもできてくることがあるみたい。

と、いっても、長く湿疹があってもアレルギーのない子もいるだろうし、
最初はアトピーでも大きくなれば治る子も沢山いるだろうし、
最初は何もなくても大きくなってアレルギーになることもあるだろうから、
気にしすぎはよくないのでしょうな・・・・。
(って言ってる私はめっちゃ気になったので調べてますが)

アレルギーの場合、皮膚検査や血液検査で何のアレルギーかわかるそうですが、
2,3ヶ月の赤ちゃんは抗体が十分に作られていないために、
結果が検査値に出ないことがあるんだって。
なので、4,5ヶ月になったら検査するのが一般的らしい。
うーん、生後2ヶ月までに酷い乳児湿疹がでてしまうと、
親としては悩ましいだろうな・・・・。
かわいそうだし心配だもん。

娘の乳児湿疹ですが、非常にかゆそうだったので、
処方された軟膏を酷いところに塗って、
自分でかいてしまって余計酷くならないように、夜は手をガーゼで体に巻き込んで寝ました。
乾燥していたので石鹸を使うのはやめて、沐浴剤で夜と朝洗顔しました。
真っ赤にはれあがってから3日後の現在、
まだ湿疹はありますが赤みは引いて、快方に向かってます。
ああ、、、、よかったkao03
ぶり返さないことを祈っているところです。

フランスの予防接種

2009年03月09日 

2ヶ月検診から、娘の予防接種が始まりました。
ワクチン開発をしている友達から、
予防接種は出来る限りヨーロッパで受けたほうがいいよーといわれていたので、
受けられるものは全部受けようと思っています。
彼女曰く、日本は肺炎球菌も髄膜炎菌のワクチンもまだないし、
ポリオも飲むやつだし、アクトヒブは4回で3万円(!)、
ヨーロッパとのギャップは大きいそう。
日本は世界と比べると薬の開発に非常に時間がかかるので、
こういうことが起きるのだろうなぁ。

PMIでもらったパンフレットによれば、
フランスの予防接種スケジュールはこんな感じです。
生後すぐ~
 - BCG
2ヶ月~
 - 5種混合(ジフテリアdiphterie、破傷風tetanos、ポリオpolio、百日咳coqueluche、
  ヘモフィルス-インフルエンザb型菌Hib:haemophilus influenzae b)
  1ヵ月ごとに3回
 - B型肝炎 hepatite B
  1ヶ月ごとに2回、3回目は1回目の6ヵ月後
 - 肺炎球菌 pneumocoque
  1ヵ月ごと3回
12ヶ月~
 - はしか:rougeole、おたふく風邪:oreillons、風疹:rubeole
  1回目(2回目は13-24ヶ月)
*BCG、B型肝炎、肺炎球菌は任意

参考までに、日本のスケジュールはこちらです。

他にフランスの予防接種で日本と違うことは、
自分でワクチンを買いに行って、ドクターのところに持っていくところでしょうか。
ドクターは処方箋を書いてくれるだけなので、
自分で薬局で買って、4度で保存して、打ってもらいたいときに持って行きます。

スケジュールと種類が日本と微妙に違うんですが、
5ヶ月のときに日本に帰国したりしたら、どうなるんでしょうか・・・。
日本にはないのに、完全に終わらないものが出てきちゃう。
ちょっと心配だなぁ。

2ヶ月検診:小児科にて

2009年03月04日 

昨日は、小児科での2ヶ月検診に行ってきました。
娘は1ヶ月前に比べると、随分赤ちゃんらしくぷくぷく(笑)して、
表情も出てきたし、感情のこもった笑顔も出てきたし、
グーですがおしゃぶりをするようになっています。
赤ちゃんはどんどん変化しますね~。

ドクターは前回と同様、問診後反射や体の様子をチェック、その後体重測定。
体重は3440g(1ヶ月)→4810g(2ヶ月)
身長は52cm(1ヶ月)→55cm(2ヶ月)
ふふ、相変わらず1日40gという増加ぶりです。

そして今回の目玉は予防接種(五種混合と肺炎球菌)でした。
うつぶせにされて、もぞもぞしているところに・・。
おしりにぶす!ぶす!とすごい勢いと深さで2本射されてましたびっくり
もちろん娘は大泣きですが、あの刺し方って大人でも痛そう~涙
予防接種は日本と結構違うようなので、
違いについては今度まとめて別記事で書こうかと思います。

2ヶ月経ってどう?授乳は1日に何回?と聞かれて、
随分楽になって1日に9回前後です、と言うと、
体重はしっかり増えてるから、もう少し間隔を開けていこう、
べべちゃんももう少しは我慢できるはずだから、と。
1ヶ月前は1日15回前後だったので、私としては随分進歩してるんだけど、
まだ努力して間隔開けたほうがよいのかしら・・・。
でも娘なりのペースがあるので、今回はあまり気にしないことにしました。

他にもいろいろと気になることを相談していたのですが、
よくあることだし大したことないけど、まあ気になるならこれね、
とそれに対するお薬をどさっと処方されました。
気軽にお薬を処方してくれるけど、必ずしも必要のない薬もあると思われるので、
各自でよく考えて使わないと、と思うのでした。

昨日の夜は傷がいたかったのか、怖かったのを思い出したのか、
声が枯れてハスキーボイスになるまで泣いていました。
かわいそうに・・・。
でもそんな娘が寝た後は、ひなまつりということで、
親の私達はちらし寿司とローストビーフを作ってウマウマ食べましたw。
ごめんよー・・・。来年は一緒に何か食べようね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。