4年間のパリ生活を終えて帰国、5年間の仙台生活の後、大阪で暮らすことになりました!


スポンサーサイト

--年--月--日 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラクターの誘惑

2010年10月25日 

日本に帰ってきて、フランスと違う!と思ったのが日本の子供服。
日本に住んでいるときは子供とは縁のない生活をしていたので、
気をつけて見ることもなかったのですが、かーなーり違います。

フランスの日常的な子供服といえば、
Petit Bateaux, De pareil au meme, Tout compte faitなどなど。
ブランドでないものもマルシェなどで売ってますが、それもとてもシンプル。
基本的には同じデザインを大人が着ていても違和感がないようなデザイン、とでもいいますか。

それと比べると、日本で売っている日常的子供服のなんと派手なこと。
まずは原色が基本、そしてそして、ものすごーいキャラクター天国
どれを見ても、色は赤、黄色、青、明るいピンク、
模様はハート、星、ちょうちょ、うさちゃん、くまちゃん
、ミッキー、ワンワン、アンパンマン・・・・
シンプルなデザインを探すのは至難の業です。
できる限りキャラクターは避けたい、シンプルなデザインが好きな私としては、
衝撃のラインナップでした
もちろんお金を出せばナチュラルなものも大人っぽいデザインもあるのですが、
日常的に着せる服となると、なかなか難しい。

デザインとは裏腹に、すごいのは安さと質のよさ
イオンやジャスコでは、質の良いトップスやズボンが380円で買えてしまう!
確かにデザインは好みに合わないものが多いけど、
よーく探せば、たま~に掘り出しものがあるのです。
380円で見つけたシンプルなジーンズは、1年以上ヘビロテしてますがまだまだ現役。
あれと同じ安さ、質はフランスでは見つけられないはず。

こんな感じで帰国してから1年以上、
できる限りキャラクターもの・原色ばりばりのものを買うのは避けてきたのですが・・・。
もうすぐ2歳になる娘は、着る服にこだわりを持つお年頃になってきました。

例をあげればこんな感じ↓
「ミニーちゃんの!」「ちょうちょの!」と、
まずはかわいらしい色・キャラクターのものを着たがります。

お気に入りのくまちゃんやかえるくん模様のトレーナーの上に、
カーディガンなどを着せようとすると、
模様が隠れちゃうので泣き叫んで嫌がることがあります。
(どうしてもキャラクターを見えるように着たいときがあるらしい)

こんな感じで、お出かけの時など、
私の理想のコーディネートを用意しても着てくれないこと度々。
そして娘の思うように服を着せた結果、
へんてこなコーディネートになることも度々。

親がおしゃれしてるのに、子供はめっちゃダサい服を着ていて、
「この人子供にこんな変な格好させて・・・・」と思うことがあったけど、
こういう理由があったのか~と妙に納得
(センスを疑ってごめんなさい)

そして最近娘が好きすぎるのが、アンパンマン
私達は娘にアンパンマングッズを買ったことは一度もないのですが、
保育園やら、もらいもののおもちゃやら、
増えていくアンパンマングッズのパワーはほんとすごい。

この前スーパーに買い物に行ったとき、子供用の小さな買い物かごを持たせたら、
「アンパンマンのり」「アンパンマンふりかけ」「アンパンマンチーズ」
がいつの間にやらカゴに入っていました。
中身は何の変哲もないノリやふりかけなのにぃぃぃぃ
アンパンマンがいろんなものについてる訳がやっとわかってゾッとしました(笑。

そして保育園用パジャマを買いに行った先日、
娘がアンパンマンパジャマを発見
あまりにもアンパンマンパジャマにうっとりしていたので、
ついに我が家も遅まきながらアンパンマンデビューすることになりました。

もう親の好みの服を着てくれる時代は過ぎ去ったのかもしれませんね・・・
さみしいなぁ。

それにしても、どうして子供ってこんなにアンパンマンが好きなんだろう
フランスではアンパンマンみたいなキャラクターはみかけないけど、
フランスの子もアンパンマンを見たら夢中になるんだろうか・・?

「わんわんショー」デビュー

2010年08月22日 

実は今年の夏休みは6日間でした。
今までの数年間はフランスで最低2週間の夏休みを取っていたことから考えると、
少ない、少なすぎる・・・と思うのですが、
まあここは日本ですから、しょうがないかぁ・・

夏休みの始まりは、NHKの「ワンワンとあそぼうショー」から。
NHK教育の、’ぐるぐるどかん’で有名な子供番組「いないいないばあ」に出てくるワンワンの舞台です。
参考までにいないいないばぁはこんな番組です。
面白いくらい、小さい子供がかぶりつきなのですよ。

入場料無料ですが、席は抽選。
今回応募してみたら運よくとってもいい席で当選し、しかもお盆のお休みに当たったので、
家族で行くことにしました。

娘のためとはいえ、実は私もうっきうき
なぜかといえば、原因はもちろん「ワンワン」ですっ。
(私の年代がばればれですが)昔やっていた「探検ぼくのまち」って番組知ってる人いませんか?
実はぬいぐるみのワンワン、それに出ていた「チョーさん」なのです。
しかも声だけじゃなくて、実際にぬいぐるみに入って歌って踊って、声もしているのです。
もう50代だというのにあれだけ踊ってしかも声まで出してるのがほんとすごいっ
と常日頃思っていたのですが、これを実際見れると思うとそれはうきうきになっちゃいませんか?

始まってみると、子供は別にしてもなんだか私がめっちゃ楽しいっ
ことちゃんは出てこなかったけど、いいんです、ワンワン(チョーさん)がいるから
踊ってるワンワンを見て、あんなに激しく踊るのは大変だろうなぁ、とか、
ぬいぐるみの中であんなにキレよく踊るのって相当努力が必要だろうなぁ、とか、
1曲歌って踊ったら休憩しないと。。。とか、よく息が切れてないように話せるなぁ、とか。
まあワンワンがらみで想像するだけで楽しい訳です
多分他の親たちも同じ年代だと思うんだけど、
ワンワンが舞台から客席にちょっと降りてきただけで軽いパニックになってました。
すごい歓声
残念ながら私たちのいた側とは逆だったけど、
もし私たち側だったら、確実に私も娘以上に熱狂だったと思います

娘はダンスのお姉さんにいい子いい子してもらってご機嫌でした。
途中の歌やダンスも一緒に踊ったり笑ったり。
たったの30分ほどの舞台でしたが、子供にはちょうどいい長さで、
娘の舞台デビューもかなり上手くいきました。
一緒に踊ったり歌ったりしていたので、また機会があれば行きたいと思います。
受信料ちゃんと払ってますからねー。
次は「おかあさんといっしょ」の舞台かなぁ。

娘、1歳半!

2010年07月09日 

早いもので、娘は1歳半。
あの風邪地獄から1週間、現在またまた40℃超えの発熱をしている娘です
今回は私も夫もダウンしてないので大丈夫ですが、
やっぱり辛そうな娘を見るのはしんどいなぁ

さて、最近は今までのように付きっきりということがなくなって、
ある程度1人でしたいこと、できることもでてきて、
言葉を使って何がしたいか訴えてくれるので、かなりわかりやすくなりました。

ごはんは完全に幼児食に
ものすごーくよく食べてくれて、この辺りは心配要らずです。
保育園では「○○ちゃん(娘)はおかわり一等賞だね!」と言われました
ちょっとした大人くらい食べますからね・・・。
まあ好き嫌いなくパクパク食べてくれるというだけで、感謝してます。

今の一番大好きな食べ物は、パン
何食べたい?と聞くとうれしそうに「パン!」と答えます。
風邪で食欲が落ちていても、パンなら食べてくれます。
風邪で水分が不足してるときに、
わざわざお口の水分を奪うパンを食べなくても思うのですが・・・
いつかフランスのおいしいパンたちを食べさせてあげたいです。

歯もやっと上6本、下6本が生えてきたので、
ハミガキとフッ素のスプレーを始めました
気分によってはすごく嫌がるので時々しかできませんが、
無理強いしてハミガキが嫌いになるよりはと思い、できるときにしています。

スプーンの使い方も上手くなり、コップでもこぼさず飲めるようになって、
終わったら「いただきます」「ごちそうさま」も自らできるようになりました。
「もっとー」「ちょーだい」は必須の言葉のようで、毎回言ってます。

最近のブームは自分でオムツやパンツを履こうとすること。
片足くらいは自分で通せますが、結局できなくて「きーっ!」となっているのがかわいらしいです。
もう1つのブームは、普段自分がしてもらっていることを、
ぬいぐるみのくまさんにしてあげること。
例えばハミガキの仕上げ磨きやオムツを換えてあげるまねをしたり、
お茶を飲ませてあげたり、布団をかけてトントンしてあげたり。

言葉はどんどん増えていき、
パパ、ママ、ちょーだい、もっと、ぞう、ちょうちょ、ねんね、たいじゅう(笑)、ごみ、などなど、
言える単語はかなり多くなってきました。
保育園で言葉を覚えてくることが多いようで、
うちではあまり使っていない単語や教えていない単語を突然言ったります。
あ、こんな言葉も言えるんだ~、と驚くこともしばしば。

指をさしながら物の名前を言うのもブームのよう。
この前はパンを食べながら私、夫、パンを順番に指さし、
「ママ、パパ、パン!」と言っていました。
パパとママはパンと並列ですか~
私たちが言っていることはかなりわかっているようで、
いろいろな問いかけに行動で反応してくれます。

1歳半の集団検診でも発達、健康に問題なしとのことでした。
この日本独特の集団検診の様子は、また後で書こうかな。

このまますくすくと育ってくれますように♪
パパと仲良し↓
IMG_0294.jpg

娘、1歳2カ月。

2010年03月15日 

1歳になってからあっという間の2カ月でした。
体重は9.7kg、身長は73cm。ちょいでぶちん。

1月1日に自分で立って1歩を踏み出して以来、確実に歩ける距離は増えていって、
現在はなんとほとんど歩いています!成長はやっ。
歩いてお散歩にも行けるようになりました↓
IMG_8551.jpg

<離乳食>
離乳食は順調に進んでいて、そろそろ幼児食と言えるかもしれません。
食欲はすごくあり、毎回モリモリおいしそうに食べてくれるのでうれしいです
が、ものすごーーーーーく食べるのです。
食べないことに比べれば大した悩みではないんだけど、
最近は器を持って「ん!」とおかわりを要求し、「おしまいだよー」と言うと号泣・・・・
大人でもとりあえず満足するくらいの量を食べてますよー?
足りないということはないと思うんだけどなぁ。
ミルクは1日朝と寝る前だけ飲んでいますが、
そろそろ哺乳瓶に執着してきたので、もう少ししたら哺乳瓶を卒業しないとと思っています。
(ただ、どうやって卒業したらいいのか全くわからず・・・)
歯は下2本、上2本。
気になるのは、上2本は前歯2本ではなくて、前歯とその外側1本が生えていること。
前歯から生えるものだとばかり思っていたので、これはちょっと意外。

<動作の変化>
保育園でいろいろな動作を覚えてきて、
こんなの家でしてないよね、ということを突然するので楽しいです。
小さなぬいぐるみを抱っこして、歩きながらその背中をトントンとしたり、
私が布団をかぶってゴロゴロしていると、上からトントンとしてくれたり、
床を雑巾がけしてくれたり。
完全に保育士さんのまねっこのようです。

<言葉>
言葉は意味のある単語が出てきました。
「いないいない(ばぁ)」「ねんね」などを正しいシチュエーションで使っています。
眠い時に「ねんねー」と言ってくれると、
眠いんだなぁということがわかって相当助かります。

言葉の理解はかなりしているようで、
「これパパに渡して」「○○持ってきて」「あそこの○○をこの引き出しに入れて」
「お腹空いたの?」「お外行く?」などなど、きちんと反応してしてくれます。

<心>
性格はやっぱり強めのようで、やりたいこと・ほしい物へはまっしぐらです。
保育園の先生曰く「やりたいことを成し遂げようとする意欲には感服」だそう。
(つまり感心するくらい強くて頑固ってことですよねー・・・
最近は一度しようとしていたことを止められると、すぐにのけぞって号泣します。
怒られた後にわざと同じことをしたり、抵抗するようにもなりました。
(この抵抗は、ときにこちらがイラっとしてしまうものもあり、かわいらしいものもあり
多かれ少なかれ誰にでもあることなので、一生懸命言い聞かせていますが、
まだまだ先は長そうです。

<睡眠>
生活リズムは保育園のおかげでかなりきっちり。
ただ睡眠は少しずつ短くなってきました。
8時就寝は変わらないので、必然的に早起きになっています。
ただ体の基本は夜型の私にとって、毎朝6時起きは結構辛い・・・
でも早起きした余裕のある朝っていいかもと今さら感心しています。
(生まれてから今まで、私にとって朝は時間に追われて慌ただしいものでした)
早起きする価値はありますね。

コミュニケーションが取れるようになってきて、
娘と過ごすのがますます楽しくなってきました。
このまま健康でいてくれたらいいなと思います。

添い寝ができない・・・

2010年01月12日 

そこまで気にしていたわけではないのですが、
なんとなーく、うちの娘は寝相が悪いな・・・と思っていました。
普段は別室のベビーベッドで寝ているのですが、ベッド内の移動っぷりは見事です。
様子を見に行くたびに全く違う格好+場所になっています。
布団は全く意味をなさず、ジゴトューズが大活躍。

少し前に娘が体調を崩して心配だったので、久々に添い寝してみたのですが・・・。
かなり後悔しましたがっくり
娘の殺人的な寝相により、喉にかかと落としをくらい、枕は取られ、
寝るスペースが取られてちっちゃくなって寝ないといけなくて、
娘の攻撃が気になって熟睡できず、散々でした。
娘自身もいつもと違う障害(私たち)と、体調が悪いせいで何度も目を覚まし、
かえってかわいそうでした。

うーん、普段から添い寝している人は日本には沢山いると思うのですが、
寝相が悪い子はどうしてるんだろう・・・?
でもふと、娘ほど寝相の悪い子はもしかしてあまりいないのか・・・?
と思いつき、保育園の保育士さんに聞いてみました。
「この子寝相悪くないですか?」と聞くと、
「はい!すごーく悪いです(笑。」
・・・・やっぱりがっくり
お昼寝の時間にお迎えに行くと、みんなはお布団の真ん中でぐっすりなのに対し、
うちの子だけが妙に斜めっていたり、布団からはみ出し気味で寝ていることが多くて、
もしかしてとは思っていたのですが。
この暴れん坊ぶりは、一体誰の遺伝子なのかしらねー。
(自分のことは棚に上げて考えてみたり汗あせ

まあ普段はベビーベッドなので問題はないわけで、
夫とは「添い寝はできるだけ避けようね・・お互いに辛いから」という意見で一致しました。
いつか静かに寝られるようになるのでしょうか。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。