4年間のパリ生活を終えて帰国、5年間の仙台生活の後、大阪で暮らすことになりました!


スポンサーサイト

--年--月--日 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北六魂祭

2011年07月16日 

今日は東北のメジャーなお祭りが一堂に集まる東北六魂祭でした。
家から歩いて行ける距離なので、軽い気持ちで行ってきましたが・・・・・
本気で身の危険を感じました。

夕方5時からのパレードがあった定禅寺通りでは、
歩道が人でぎゅうぎゅうで身動きが取れない!という状況に陥りました。
少し前にお祭りで人が橋の上で圧死というニュースがあったけれど、
あれがどうやって起こったかがなんとなくわかる状況でした。
子供がいるとなおさら、危険を感じます。
もうあの人ごみの中にいたらどうしようもなく、
ただただ周りから押されるばかりで自分では身動きがとれません。
幼児から小学生くらいまで泣き叫ぶ子供があちこちにいて、
みんなとても辛そうでした。

予想以上の人出でパレードが一部中止になったようで、
結局青森ねぷたも竿灯も見れませんでした。
でもあれ以上人がいたらほんとに誰か死んでしまう・・と思ったほどの人出で、
人員整理が追いついていない状況だったので、それはそれでよかったのかも。

と、いうことで楽しみにしていたけれど写真も一枚も取れず、なのでした。

資福寺の紫陽花

2011年07月09日 

日本全国暑いようですが、仙台も毎日暑い!
ほぼ毎日湿度は高く、30℃を越えています。
節電が必要でなければ、毎日エアコンをつけてることでしょう。
仙台でエアコンが必要な日はほとんどなく、
梅雨の時期は肌寒いくらいなので、今年はほんとに暑い夏です。

そんな中、涼を求めて紫陽花を見に行ってきました。
青葉区にある資福寺は、地元で「あじさい寺」とも呼ばれ、
1200株の紫陽花で有名です。
去年も行きたいなぁと思っていたのですが、
6月下旬~7月上旬が見ごろということで、
都合が合わず行けなかったので、今年はリベンジです。
歩いて行けないこともなかったのですが、ちょっとしんどいので車で。
駐車場までの道は少々狭いですが、朝一で行くとすっきすきでした。

見慣れた紫陽花もあれば。。。↓
IMG_3372.jpg
額紫陽花もあって、種類も豊富なよう↓
IMG_3373.jpg
こんな暑い夏にはお水が涼しげに映ります↓
IMG_3389.jpg
最近娘は夫のまねっこをよくします。
こういうときも夫の後をちょこちょことついていきます↓
IMG_3434.jpg

仙台で Salon du chocolat

2010年02月15日 

ああ、書いては保存し・・をくり返していると、どんどん時が過ぎて行ってしまうー。
季節には少々遅れ気味ですが、バレンタインについて。

三越で開催していたSalon du chocolatに行ってきました。
少なくとも私がパリへ行った5年前には、
まだ日本でこのイベントはなかった気がするのですが。
日本という国は、あっという間に他文化を吸収して取り込んでしまいますねー。
フランスの1月の風物詩であるガレット・デ・ロワも、
いつの間にかよく見かけるようになっています。

パリほどの規模はないにしても、海外の高級ショコラは沢山種類がありました♪
が、日本びいきになっている私は、憧れの「マダムセツコ」のショコラを購入。
(もちろん夫にあげるのですが、結局私の口に入るので、この選択は重要ですわー)
パリでのSalon du chocolatに出店していたこのお店ですが、
当時も常に人だかりができる大盛況ぶりで、
でもすごくお高くて、結局買わなかったショコラティエだったのです。
IMG_8535.jpg
↑日本らしいデザインが素敵
季節のお花のデザインごとに味も違って、とてもおいし~い

もう1つ目を引いたのはこのショコラ↓
IMG_8537.jpg
アーティストのAya Katoさんがデザインしたそう。源氏物語をイメージしたんだって。
パリで売ったら人気が出そう、と思ったのですが、残念なのが味・・
食べたときの感想は、普通の日本のチョコでした。
Maison de chocolatやピエールエルメなどなど、
食べて感動するショコラを作るってすごいことなのだなぁ、と,ここで感心してみたり。

今年のバレンタインは、私と娘から、ということで、
2つのチョコを夫にプレゼントしたのでした。
(そして私が食べるのです。ふふ。)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。