4年間のパリ生活を終えて帰国、5年間の仙台生活の後、大阪で暮らすことになりました!


スポンサーサイト

--年--月--日 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うれしい誤算

2009年06月24日 

パリの育児事情が非常に恵まれていたので、
なんとなく、日本に帰って育児するのが怖いと感じていました。
私が抱いていたのは、大抵の人は赤ちゃんに対して無関心で、
困っていても素通りされそうなイメージ涙

でもなんだか、仙台は違うみたいなのですBrilliant
赤ちゃんをみて話しかけてくる人がかなりいるのです。
大抵はおばちゃんや老夫婦、同じくらいの子供を連れた人、なんですが、
話しかけられる頻度は、パリより多いくらいなのです。
これには相当びっくりあんぐり
他にも駅のエレベーター、コンビニの入り口などなど
いろんなところでドアを開けて待ってくれる人もいます。
仙台は想像していたより、人と人の垣根が低いみたい。
都会と田舎が共存しているってお友達が言ってたけど、こういうことね~。

東京では、こうはいかないのかもしれません。
仙台のいいところ、見つけましたふるーつ☆Cultivation・キラキラ星

スポンサーサイト


コメント

ozrikoさんお久しぶりです。
日本に帰国されたんですねぇ。
仙台、いいですねぇ。いきなり東京じゃなくて大正解かもねぇ。親切な人がいっぱい、美味しい物もありそう、自然もあって洋服とかのお買い物にも不自由しなそう。仙台って結構お洒落な人多そうなイメージがあります。

↓と、スーパーネタ。もうすんごい楽しそう~、ジェラシーです、ジェラシー。自慢だね、これ、ある意味。笑。

minimiさん、こんにちは!帰って来てしまいました、ついに。
本当は東京に帰りたかったのですが、
適度に人の垣根が低いので、赤ちゃん連れには住みやすそうですよ。
スーパーですが、確かに自慢かも(笑。
うれしくて、つい。


コメントの投稿

URL:
コメント:
Pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。