4年間のパリ生活を終えて帰国、5年間の仙台生活の後、大阪で暮らすことになりました!


スポンサーサイト

--年--月--日 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた音について

2009年07月24日 

この前は日本のスーパーやお店がうるさいことについて書きましたが、
最近は選挙カーがすごいです。
朝8時くらいから夜7時過ぎまで、何人もの候補者の選挙カーが通り過ぎていきます。
フランスでもアメリカでも、こういうアピールの仕方は見たことないので、
日本独特の方法なのかしら・・・・jumee☆whyR
それにしても耳障り。

前々からそうは思ってはいたものの、
最近はその内容や効果に疑問が沸いてくるようになりました(今更だけど焦る3)。
「○○です!よろしくお願いします!~市を変えるのは○○しかいません!教育の専門家、○○をよろしくお願いします!」
と、名前を連呼されて通り過ぎられても、
この人は具体的に何をしてくれるか全然わからないとみんな思ってるはずー。
公約と名前が結びついて初めてこの人に投票しようって思うものでしょう・・・本来は。

実際、連呼されなければ候補者の名前すらわからない人が多いので、
そういう意味で効果があるといえばあるのかもしれないけど・・・。
(昔の私も例外ではないので、興味がない気持ちはすごくわかるけれど、
根本的に興味がないので選挙カーは耳障り、としか思ってなかったなぁ。)

でもフランス人の政治に対する熱い姿勢を見ていて、
1人1人が国づくりに参加してることを感じることで、
これは自分達のことなんだ、自分達でいい国にしていこう、
という意識を高める結果になると思ったのです。

と、ここまで書いておいて少し調べてみたら、
選挙カーによるキャンペーンは、「連呼以外しちゃいけない」らしい。
なんだそれ。
↓面白いお話だったのでリンクを載せておきます。
「知の関節技」のページはこちら。
しかも、キャンペーンにインターネットも使っちゃいけないなんて・・・・・・がっくり
時代に合わなさすぎ。古すぎますよおちこみ

インターネットを活用して、地方TVCMとか利用したら、
名前と一緒に公約も知ってもらえて、選挙カーで名前だけ連呼しなくてもよくなるのに。
「私は選挙カーでキャンペーンしません」とか言ってネットを中心に活動したら、
好印象になるかも~?ネットの威力ってすごいもんね。

いいものはどんどん取り入れて改良していくのが特技の日本人なのに、
どうしてこういうことでは遅れちゃうのかしら。
疑問です。

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿

URL:
コメント:
Pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。