4年間のパリ生活を終えて帰国、5年間の仙台生活の後、大阪で暮らすことになりました!


スポンサーサイト

--年--月--日 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所得税の請求

2009年08月28日 

フランスから、2008年の所得に対する税金の請求書が届きました。
予想以上に高額・・・・汗

一般的には給料一か月分と言われるフランスの所得税ですが、
所得が少なかったり、夫しか働いていなかったり、子供がいたり、
海外引越ししたりすると減税されます。
私達の場合、2008年は減税に該当するような条件が一つもなかったため、
本気で夫婦2人の給料1か月分の請求がきましたがっくり

2008年はともかく、今年は海外引越し・新生活準備と出費がかさんでいるのにー。
今私働いてないのにー。
娘を出産したのは2009年1月なので、減税の対象にならないしー。
と、ブルーになりつつ、ふと思い出しました。

妊娠・出産にかかった医療費は0円でした。
しかも出産準備金として約800ユーロもらいました。
切迫早産で1週間入院したときも、1円も払ってません。
産休のときのお給料は、セキュで100%カバーされました。

良く考えたら、私は、この税金請求額の数倍は援助を受けてきました。
フランスの妊娠・出産に関する援助は、
お金を使うポイントが的を得ていて、ほんとに素晴らしかった。
そしてこの財源は、私達の払う税金なのですよね。
そう考えたら、文句なんて言ってる場合じゃありませんでした顔文字1(背景黒用)
税金がああいうことに使われて、今後出産する女性が助けられるのなら、
多少きつくてもきちんと払いたいと思えますファイト

日本でも、自分の払った税金がどこに使われているかを知ることができて、
それがみんなの役に立っていることを実感できたらいいのになぁと思うのでした。

スポンサーサイト


コメント

フランスは子供を産むことに優しい国でとてもうらやましいけど、やっぱりその分税金は高いんですねv-292当然といえば、当然なのかなv-286

日本も国民が一生懸命払ってる税金を、フランスのようにみんなの役に立っていることを実感できるように使って欲しいもんですね。

ついに政権交代することになったし、これからどうなっていくのか、みていきたいですね^^

こんにちはー♪
税金はかなり高い・・・(>_<) 消費税も19%くらいですし。
でもそのお金が身近で有効に使われていることを実感できるなら、
払うことにはそこまで抵抗はないですね。
政権交代しましたよね。
いいように変わってくれるといいんですけど。


コメントの投稿

URL:
コメント:
Pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。