4年間のパリ生活を終えて帰国、5年間の仙台生活の後、大阪で暮らすことになりました!


スポンサーサイト

--年--月--日 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々のパリ:準備

2009年10月04日 

約4ヶ月ぶりに、パリエッフェル塔へ行ってきました。
娘は日本でお留守番だったため、今回は1週間という短期間です。
8ヶ月の子供をおいて何事か、という批判も(特に日本では)多々あるので、
あまり声を大にしては言えないのが悲しいところですが汗あせ
フランスの人の反応は、また全然違うんだけど。
今回は実家の両親が後押ししてくれたこともあり、
行くことにしちゃいました。そんな両親に感謝感謝。

妊娠して以来自由が利かず、特に後期は切迫早産で自宅安静、
出産後は育児に追われていて、よく考えたら1年以上行動が制限されています。
まあ、当然といえば当然なのですが、
行動する派の私としては、外に出たい欲求を心の中に抑えていたのも事実。
パリに行ったら会いたい人がいっぱいいるし、
買いたいものもあるし、行きたいところもあるし、
ワインワインも飲みたいし、夜遊びもしたーーーーーいかお
と、いうように、抑えてきたものを開放できる、またとないチャンス到来。
うふふ、楽しみすぎるーーーーーーキラキラY

さてそれはさておき、一番気を使ったのは出発前の準備です。
今までに娘と離れたのは最長で昼間の10時間程度。
今回は1週間、普段は離れて暮らしている私の両親にお願いすることにしたので、
もし上手くいかなかったり、娘が体調を壊したりしたら諦める心の準備をしつつ、
出発の1週間前から実家に帰って実地訓練・強化合宿です。

最初はぎこちない両親でしたが、
3日目には、娘が(特に父に)かなりの笑顔を振りまくようになりました。
やっぱりすぐに抱っこしてくれる人が大好きなようで、
私が一緒にいても父の方だけを見て「あぅぁ」と甘えた声を出します。
すでに「人を見る」ことを覚えたな、お主・・・・・うーむ
お風呂や寝かしつけや離乳食などを母と練習し、
父にはオムツや、ミルク、体のお手入れの仕方などを教えていきました。
4日目には寝かしつけも明け方の授乳(ミルク)も交代し、なんなく成功。
今まで寝かしつけるときに添い寝、添い乳をせず、
毎晩決まった時間にベッドで1人で寝かせていたのがよかったのかも、と思います。
もちろん両親もがんばってくれましたが、娘の適応力にも感謝です。
私がそこまで必要ないみたいでちょっと寂しいけどね・・・。

もう1つ寂しいといえば、今までほぼ完母だったのを、
これを機会にミルクに切り替えることにしました。
こういう機会でもないと私が授乳に依存しちゃって、
娘が大きくなっても止められそうにないと思ったのが1つ。
あとは私が大豆製品を食べると母乳に出るようで、種類や量によっては娘に湿疹が出ちゃうのが1つ。
程度はそこまで酷くないけれど、日本で大豆製品を食べないようにするのはかなり大変です。
1ヶ月ほど前から少しずつ母乳の回数を減らして、出発前には1日1回にしておきました。
今更ながら気づきましたが、母乳じゃないとミルクの消費がかーなーり早い。
今まであまり意識してなかったけど、完母って経済的に相当安上がりなんだね・・・

こんな感じで娘は両親と仲良く過ごせそうで一安心。
自分の準備はパパッと終わらせ、パリへと旅立ったのでした。

スポンサーサイト


コメント

グッドアイデアじゃないですか!
大変な思いをしてずっと頑張ってきたんですもん。
そのつらさは、経験したozrikoさんにしかわかりません!
もし、言いたい人がいたら、言わせておきましょう♪
それより、私も真似したくなっちゃったな。(笑)

その「たった」1週間で、多少なりともリフレッシュ&リセットできるんだったら、心身ともに限界越えてしまうより、娘ちゃんにも絶対にプラスだと思います。
思い切って全てを忘れて、楽しんじゃってくださいね~。(お会いできないのは、残念だけど。涙)

そう応援してもらえると安心するなぁ♪どうもありがとうございますっ(涙。
お会いできたらよかったけど、かなりのハードスケジュールで、
パリの街歩きさえもままなりませんでした・・・(汗。

母に「今までずっと休みなくがんばってきたんだから、(パリに)行っちゃったら。
リフレッシュも必要よ」と言われて行く気になったんですが、
やっぱり周りの理解や協力がないとなかなかできないと思いましたよ。
ミミさんも普段はほぼ1人で子育てですよね?
楽しいときもあるけど、辛いときも絶対あると思います。
お互いに時々はリフレッシュしつつ、楽しみましょう!

久しぶり~。1週間子どもを預けてパリ♪いいねぇ~。
本当に協力&理解してくれる家族と、
そして何よりも子ども本人の協力あってのことだね!
あと絶対心配になっちゃうだろうから
家族と子どもを信頼したozrikoの気持ちも大きかったはず。
そういえば私はまだ1日も離れたことないわぁ。
近くに家族がいないって大変・・・。

久しぶり~♪元気にしてる?
パリ、すーごーーーく楽しかったよー。心配もあったけど、行ってよかった。
UPIMの言うとおり、周りの協力や本人の健康なしには実現できないよね。
理解のある家族に感謝感謝。
まあ仙台-静岡はちょっと遠いので日常的というわけにはいかないけど、
協力してくれる家族が手が届くところにいるっていいよね。
実家に帰ったとき、「なんて楽になるんだ!!!」と感動したよ(笑。
親と近くに住んでいる人っていいなぁと思った。
UPIMは1日も離れてないんだね。
幼稚園とか行ったら寂しくてたまらないかもね~。うふふ。
私は時々保育園の一時預かりに預けてるんだけど、結構プラスになってるよ。
アメリカの制度はよくわからないけど、機会があったら是非試してみてー。


コメントの投稿

URL:
コメント:
Pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。