4年間のパリ生活を終えて帰国、5年間の仙台生活の後、大阪で暮らすことになりました!


スポンサーサイト

--年--月--日 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

添い寝ができない・・・

2010年01月12日 

そこまで気にしていたわけではないのですが、
なんとなーく、うちの娘は寝相が悪いな・・・と思っていました。
普段は別室のベビーベッドで寝ているのですが、ベッド内の移動っぷりは見事です。
様子を見に行くたびに全く違う格好+場所になっています。
布団は全く意味をなさず、ジゴトューズが大活躍。

少し前に娘が体調を崩して心配だったので、久々に添い寝してみたのですが・・・。
かなり後悔しましたがっくり
娘の殺人的な寝相により、喉にかかと落としをくらい、枕は取られ、
寝るスペースが取られてちっちゃくなって寝ないといけなくて、
娘の攻撃が気になって熟睡できず、散々でした。
娘自身もいつもと違う障害(私たち)と、体調が悪いせいで何度も目を覚まし、
かえってかわいそうでした。

うーん、普段から添い寝している人は日本には沢山いると思うのですが、
寝相が悪い子はどうしてるんだろう・・・?
でもふと、娘ほど寝相の悪い子はもしかしてあまりいないのか・・・?
と思いつき、保育園の保育士さんに聞いてみました。
「この子寝相悪くないですか?」と聞くと、
「はい!すごーく悪いです(笑。」
・・・・やっぱりがっくり
お昼寝の時間にお迎えに行くと、みんなはお布団の真ん中でぐっすりなのに対し、
うちの子だけが妙に斜めっていたり、布団からはみ出し気味で寝ていることが多くて、
もしかしてとは思っていたのですが。
この暴れん坊ぶりは、一体誰の遺伝子なのかしらねー。
(自分のことは棚に上げて考えてみたり汗あせ

まあ普段はベビーベッドなので問題はないわけで、
夫とは「添い寝はできるだけ避けようね・・お互いに辛いから」という意見で一致しました。
いつか静かに寝られるようになるのでしょうか。

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿

URL:
コメント:
Pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。