4年間のパリ生活を終えて帰国、5年間の仙台生活の後、大阪で暮らすことになりました!


スポンサーサイト

--年--月--日 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台で Salon du chocolat

2010年02月15日 

ああ、書いては保存し・・をくり返していると、どんどん時が過ぎて行ってしまうー。
季節には少々遅れ気味ですが、バレンタインについて。

三越で開催していたSalon du chocolatに行ってきました。
少なくとも私がパリへ行った5年前には、
まだ日本でこのイベントはなかった気がするのですが。
日本という国は、あっという間に他文化を吸収して取り込んでしまいますねー。
フランスの1月の風物詩であるガレット・デ・ロワも、
いつの間にかよく見かけるようになっています。

パリほどの規模はないにしても、海外の高級ショコラは沢山種類がありました♪
が、日本びいきになっている私は、憧れの「マダムセツコ」のショコラを購入。
(もちろん夫にあげるのですが、結局私の口に入るので、この選択は重要ですわー)
パリでのSalon du chocolatに出店していたこのお店ですが、
当時も常に人だかりができる大盛況ぶりで、
でもすごくお高くて、結局買わなかったショコラティエだったのです。
IMG_8535.jpg
↑日本らしいデザインが素敵
季節のお花のデザインごとに味も違って、とてもおいし~い

もう1つ目を引いたのはこのショコラ↓
IMG_8537.jpg
アーティストのAya Katoさんがデザインしたそう。源氏物語をイメージしたんだって。
パリで売ったら人気が出そう、と思ったのですが、残念なのが味・・
食べたときの感想は、普通の日本のチョコでした。
Maison de chocolatやピエールエルメなどなど、
食べて感動するショコラを作るってすごいことなのだなぁ、と,ここで感心してみたり。

今年のバレンタインは、私と娘から、ということで、
2つのチョコを夫にプレゼントしたのでした。
(そして私が食べるのです。ふふ。)

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿

URL:
コメント:
Pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。