4年間のパリ生活を終えて帰国、5年間の仙台生活の後、大阪で暮らすことになりました!


スポンサーサイト

--年--月--日 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花巻温泉郷・鉛温泉

2010年09月17日 

遅くなってしまいましたが・・・夏休み最終日に行った温泉、鉛温泉についてです。
鉛温泉は岩手県、花巻温泉郷にあります。
今回は秘湯の宿と言われる「藤三旅館」に泊まることに。
IMG_0770.jpg
↑「千と千尋の神隠し」の湯屋を思わせる造りと言われているようです。

藤三旅館は5種類の100%源泉かけ流しの温泉があり、
特に天然の岩をくり抜いた1.25mの深さの立って入る白猿の湯で有名だそう。
残念ながら私は体調を崩していて白猿の湯しか入れなかったのですが、
この温泉はほんと圧倒されました

まずすごいのは、歴史を感じさせる温泉の造り。
あんな古い建物にある温泉を、私は初めて見ました。
今まで古いと言われる旅館に泊まったこともありますが、ダントツですごい。
まさに温泉が湧いてるからその上に小屋を建ててみた、という感じです。
そして白猿温泉そのもののすごさ。
一緒に入っていた地元のおばさまが解説していたところによれば、
白猿の湯は源泉そのもので、お風呂の真ん中から温泉が湧いているんだって。
確かに真ん中からお湯が湧き出ていました。

私たちは旅館部に泊まったのですが、
旅館部でも内風呂がついているお部屋はここには存在しないそう。
それだけ温泉がすごいってことでしょうね。
湯治部は安いのですが、建物はとても歴史を感じるもので、自炊なんだって。
夜9時以降はお静かに、という注意書きがあったり、お隣の宴会の音が結構聞こえたり、
本当に昔ながらの秘湯という言葉がぴったりだなぁと感じました。
(夜中に泣いてた娘の声も丸聞こえだったでしょうが・・・
スタッフのみなさんも、昔ながらのおもてなしという感じでした。

旅館情報
藤三旅館
〒025-0252 岩手県花巻市鉛中平75-1
0198-25-2312

スポンサーサイト


コメント

久しぶりに覘いたところ、何だか写真がきれいだなぁという感想を持ちました。先入観無しで見ても、写真に力を入れ始めたのがなんとなく分かるよ。きっと一眼レフも喜んでいるはず!我が家でも、今月どこかの温泉にでも行こうかと企んでいます。

お久しぶりです♪写真褒められるとうれしいです!励みにもなるし。
温泉いいですねぇ。
東北にもいい温泉があるので、機会があれば2人で遊びに来てくださいね~。


コメントの投稿

URL:
コメント:
Pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。