4年間のパリ生活を終えて帰国、5年間の仙台生活の後、大阪で暮らすことになりました!


スポンサーサイト

--年--月--日 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本で出産 Part.3 ついに出産

2013年02月14日 

◆37週0日
服薬は36週で終了、37週0日となり、ついに正産期です。
この日37週の妊婦検診があり、子宮口はまだ硬いので、
出産の傾向はなし、とのことでした。
NSTでは10分おきに張っていましたが、痛いことはなく。

この日から安静生活は終了しましたが、
動けばお腹が張るし、お腹は大きくて動きにくいし、
体力が落ち過ぎて思うように動けませんでした。

◆37週1日
朝から張りが気になっていましたが、
休日だったし、安静も終わったので、
おいしいものが食べたい!ということで、
ランチにお寿司を食べに行くことに。
張りを感じつつも、おいしいお寿司をいただきました♪
帰りの道で、立ち止まらないといけないほどの張りを感じ、
これってもしかして陣痛かな?と思い始めました。

家に帰ってから張りの時間を計るも、
10分だったり15分だったりまだ規則的ではない感じ。
しかも今までより少しだけ強い張り、というだけであまり痛くもなく。
夕方になって、不規則ですが時々すごく痛い張りがきました。
どうしようか迷った末に、とりあえず病院に電話して、
行くべきかどうか相談することに。
電話すると入院の支度をして来るように、とのことだったので、
まずは夕御飯を食べて、シャワーを浴びて、
病院へ行くことにしました。

病院についてから、なんと2時間のスピード出産でした。
やっぱり赤ちゃんと対面する瞬間は感動的です。
夫は出産直後に到着し、親子の対面したのでした。

夜だったこともあり、希望していた無痛分娩も間に合わず、
結局自然分娩でした(悲。
前回の無痛と今回の自然を両方経験して、声を大にして言いたいこと。
やっぱり無痛分娩がいい!
2時間のスピード出産でも、体力や精神の消耗具合が全然違う。
私にとって自然分娩での出産は、達成感よりしんどさが何倍も上回ってました。
体力や精神力は、産後の子育てに残しておくのがベストだと私は思います。

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿

URL:
コメント:
Pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。