4年間のパリ生活を終えて帰国、5年間の仙台生活の後、大阪で暮らすことになりました!


スポンサーサイト

--年--月--日 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1カ月の切迫早産にかかった費用

2014年05月22日 

お久しぶりです。
前回の投稿からかーなーり時間が経ち、
出産した下の娘はもう1歳3カ月となりました。
随分前のことなのですが、
切迫早産のときにかかった費用について書こうと思います。
私が切迫早産で長期間入院しそうだと思った時、
必死でどのくらいの金額になるのか調べた経験があるので、
実際の経験を書いておこうとずーっと思っていたのです。
遅いけど、ずっと書こう書こうと思ってました、ほんとに。

まず、事前に医療費が高額になると分かっている場合、
支払いまでに「限度額適用認定証」の申請をしていると、
大抵の人は1カ月(1日から31日まで)の医療費の負担額は
上限87,430円になります。(注意:収入によって違うらしい)
1か月切迫早産で入院すると、費用は87,430円を遥かに超えるので、
とりあえず入院中に、
「限度額適用認定証」の申請をしておくことをお勧めします。
間に合わない場合は、
とりあえず自己負担で後から払い戻しの手続きもできるらしいですが、
やっぱり払う金額は少ない方がいいよね・・・。
申請情報はこちらでどうぞ。

この限度額の適用され方には注意が必要で、毎月1-31(30)日が一区切りだそう。
つまり、5日から月をまたいで次の月のの5日まで1カ月入院した場合と、
1日から31日まで入院した場合と、負担額が違うということになるらしい。
私はラッキーなことに、入院したのは1月1日で、退院は1月28日。
負担額は最低限で済みました。

さて、実際の支払額ですが、この「限度額適用認定証」の支払いにプラスして
保険対象外の差額ベッド代と食事代などが加算されて請求されます。
この金額は病院によって異なるので一概には言えないのですが、
私の場合個室料金がそれほど高くなかったので、
1カ月の切迫早産からの退院時の窓口での支払いは、15万円以下でした。
入院に伴ってかかった余分な出費
(ベビーシッター代や夫の病院通いに伴う出費)
も考えると、トータルで20万円くらいでしょうか。
(実際の経験から時間が経ってるので、おおまかでごめんなさい。)

私の場合女性用の保険に入っていたので、入院1日8000円の保険がおりて、
結局は全て保険でカバーされました。
今まで使うことはなかったですが、入院保険に入っていて本当によかった。
保険に入っていなかったら、かなり厳しい出費でした・・・。

切迫早産の入院費も全て0だったフランスでの出産を考えると、
やっぱり日本での出産はお金がかかります。
少子化が問題なら、こういうところから改善すればいいのに。
保育所よりもまず、子供の教育費と出産にかかる費用が先じゃないかなぁ?

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿

URL:
コメント:
Pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。