4年間のパリ生活を終えて帰国、5年間の仙台生活の後、大阪で暮らすことになりました!


スポンサーサイト

--年--月--日 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族(子連れ)で引っ越し

2015年04月24日 

仙台から大阪への今回の引っ越しは、
私にとっては初めての家族での大規模な引っ越しとなりました。
前回のパリ→仙台は上の子はいたものの家具は全くなく、
段ボール10箱くらいで帰国してきました。
それに比べると子連れでの引っ越しのやることが多いこと

家族の国内の引っ越しに関してはいろんなサイトにあるので特に書きませんが、
私が知りたいと思って調べたにも関わらず、
なかなか出てこなかった情報を書いておこうと思います。

まずは引っ越し料金について。
いろいろな引っ越しに関するサイトにもありますが、
超繁盛期の3月末の引っ越しは要注意でした。
費用を負担してくれる会社ならまだしも、うちは引っ越し料金は一定額以上は自腹なので
少しでも安い方がいい・・・けど、
3月末は絶対に安くならないということを学びました。
しかも個人での依頼は最初から断られることもあり(法人契約でもういっぱいだそう)、
地元の小さな引っ越し業者は、この時期は地元でトラックをフル稼働させているので、
今回のような長距離の移動は受けてくれませんでした。
結局一般的な引っ越し料金と言われる金額の2倍かかりました・・・
痛~い痛~い出費です。
引っ越しの日程変更が可能なら、絶対に繁盛期を外した方がいいです。

次に段ボールの数について。
4人家族(大人2人、子供6歳2歳)で3LDKのマンション住まいで、
おそらく一般的な量の荷物だったと思います。
無料分の段ボール50箱(小30、大20)では足りず、
結局大サイズの段ボールを15箱ほど追加しました。
こればかりは詰めてみないとわかりませんでした。

詰めても詰めても終わらない感覚に襲われつつ、
詰めた段ボールを次々開けようとする子供達と戦いました
(結局は1部屋を段ボール部屋として荷物置き場にすること、
夜もしくは子供が保育園に行っている間にだけ荷造りすることで子供との戦いはとりあえず終了・・

あとやっていてよかったことは、
調味料や洗剤などの必ず使うものは、使いかけのものでもなんでも全部持っていく、ということ。
私は残り少ないものなら捨てて行ってもいいかなと思っていたんですが、
夫がなんでも持っていく方式で荷物を詰めた結果、
それがとても重宝しました
洗剤も調味料もそれぞれはそんなに高くないけど、
全部新しいものを買うとトータルですごくお金がかかります。
他にも捨てずに持ってくればよかったなーというものも多々。
断捨離のいい機会ではあるけれど、引っ越し貧乏になる機会でもあるので、
見極めは肝心です。

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿

URL:
コメント:
Pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。