4年間のパリ生活を終えて帰国、5年間の仙台生活の後、大阪で暮らすことになりました!


スポンサーサイト

--年--月--日 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳児湿疹

2009年03月12日 

子育てが始まってから、次から次へと小さなことがイチイチ気になるんです・・・汗とか
気になってしまうものはしょうがないので、納得するまで調べてしまいます。
最近気になるのは、ここ2,3週間ほど娘の顔に出ている乳児湿疹

気づいたのは生後1ヶ月半くらいのときでした。
最初はほっぺにポツポツと出ていたくらいで大したことはなく、
その頃にあった保健師さんの訪問のときに、
ニキビと一緒だから気にしなくていいわと言われていました。
小児科での2ヶ月検診のときには、湿疹はおでこまで広がっていたけれど、
誰にでもあるので気にしなくていい、
気になるならこれ塗って、と軟膏(Dermo.cuivre)を処方されていました。
(この軟膏ですが、湿疹に効く酸化亜鉛と、肌を清潔に保つ五水硫酸銅が入っていて、
フランスの薬局では処方箋なしで買えるもののよう)

さらに、アトピーやアレルギーは3,4ヶ月以降にわかるものなので、
今の時点では何も心配しなくていいとも言われました。

まあ、乳児湿疹が多かれ少なかれ誰にでも出るのはわかっていたんですが。
2ヶ月検診を終えたあたりから急速にブツブツが顔中に広がって、
主にほっぺ、おでこ、まぶたがブツブツでガサガサになってしまいました。。
しかもかゆいようで、自分で掻いてしまったり、
抱いたときに私の服に顔をすりすりしてしまったりして、
一時期は顔中真っ赤になってしまいました。
まぶたも腫れてしまって、かーなーり痛々しい・・・・kao06

いろいろ調べて見たところ、結局のところ、生後2,3ヶ月くらいの場合、
すぐに治る乳児湿疹か、アトピーやアレルギーによる乳児湿疹なのかを
判断するのは難しいようです。

ネットにはいろいろな情報が飛び交っていて、
乳児湿疹はかゆみがないという人もいれば、逆にかゆみを伴うという人もいるし、
清潔が一番だから石鹸で洗うといいという人もいれば、
石鹸は皮脂が取れちゃうのでぬるま湯で洗うだけでいいという人も。
まあ、赤ちゃんの性質も湿疹の症状もそれぞれに違うので、
効果のある対処法もそれぞれで、こんなことになるのでしょう。
何を信じるかは結局自分次第ってことね。

3,4ヶ月までに治ったら良性の誰にでもある乳児湿疹、
症状が長引いたり、繰り返したりしたらアトピーやアレルギーの可能性あり、
と診断されるようです。
長引いている乳児湿疹は、顔だけでなく耳や体にもできてくることがあるみたい。

と、いっても、長く湿疹があってもアレルギーのない子もいるだろうし、
最初はアトピーでも大きくなれば治る子も沢山いるだろうし、
最初は何もなくても大きくなってアレルギーになることもあるだろうから、
気にしすぎはよくないのでしょうな・・・・。
(って言ってる私はめっちゃ気になったので調べてますが)

アレルギーの場合、皮膚検査や血液検査で何のアレルギーかわかるそうですが、
2,3ヶ月の赤ちゃんは抗体が十分に作られていないために、
結果が検査値に出ないことがあるんだって。
なので、4,5ヶ月になったら検査するのが一般的らしい。
うーん、生後2ヶ月までに酷い乳児湿疹がでてしまうと、
親としては悩ましいだろうな・・・・。
かわいそうだし心配だもん。

娘の乳児湿疹ですが、非常にかゆそうだったので、
処方された軟膏を酷いところに塗って、
自分でかいてしまって余計酷くならないように、夜は手をガーゼで体に巻き込んで寝ました。
乾燥していたので石鹸を使うのはやめて、沐浴剤で夜と朝洗顔しました。
真っ赤にはれあがってから3日後の現在、
まだ湿疹はありますが赤みは引いて、快方に向かってます。
ああ、、、、よかったkao03
ぶり返さないことを祈っているところです。

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿

URL:
コメント:
Pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。